事故にあった車がすべて「修復歴車」になるのではない

中古車販売店などでは「修復歴あり」という車が、通常の相場より格安で売られています。

格安で売られているということは、

仕入れである買取りでも修復歴のある車は査定が安くなってしまうということです。

この「修復歴車」というのはどういう車なのでしょうか。

簡単に言えば、

事故などで車の骨格部分(フレーム)が損傷して修正したり交換したりした車を「修復歴車」といいます。

骨格部分が狂えば車の直進性などに影響が出ますので、修正しているとは言え高速道路の走行などに不安が残る場合もあるといわれています。

ですから売却時の査定では、修復歴があると大幅に眼額査定されてしまいます。


事故にあった車がすべて「修復歴車」になるわけではない

「修復歴」と紛らわしい言い方に「事故歴」というのがあります。

事故の損傷を修理をしたことのある車というくらいの意味でしょうが、

この事故歴が修復歴と同じような意味で使われることもあるので注意が必要です。

事故で修理が行われても、車の骨格部分の修正が行われていなければ「修復歴車」にはならないのです。

事故歴があっても、修理がバンパーのキズやボディーのキズ、凹み程度で済んでいる車は「修復歴」が無い車ということになります。

このような場合、査定時に査定マンから「事故歴がありますね」と言われたら、

「バンパーとボディーは直したけどフレームを修正するような修理はしていない」と明確に伝える必要があります。

修復歴があるかないかで査定額が数十万円も違ってしまいますので、査定マンもこの点はしっかりとチェックするはずです。

少なくとも、事故歴と修復歴の違いを知らずに「事故歴があります」と申告するのは避けたいものですね。

その一言で修復歴がない車の査定額が何十万円も下げられてしまうかもしれませんよ。


※閑話休題・・・車のお話
最近またSUVの人気が再燃しているようですね
各社とも新型の発表が相次いでいます。

このページの先頭へ