車の一括査定ではライバル業者同士がガチンコの競争をする

車の一括査定は、一度の申込み入力で最大10社とか最大8社とかに一括して査定依頼を行うことができる大変便利なサービスです。

しかもそれが完全無料で利用できるので、利用者にとってはありがたいシステムですね。

でも、「ただほど高いものはない」ではないですが、

普通無料といわれると後で何か勧誘などがあったりするのではないかと警戒してしまうものです。

この点、車の一括査定はどうなのでしょうか。

何度も利用した経験と口コミなどの詳細な調査による限り、

車の一括査定に関しては変な勧誘などの心配はないといっていいでしょう。

査定後にしつこく成約を迫られるという口コミはありますが、

そもそも車を売るために査定を依頼しているのですから、一括査定にかこつけた勧誘というものではありません。

確認はできませんが、一括査定を主催する企業が一定の規約でその辺をきちんと管理しており、違反があれば一括査定から外されることになっているのでしょう。

※一括査定の詳細 ⇒ 自動車の一括査定ランキング


一括査定はなぜ利用料がなくても運営できるのか

一括査定が申し込まれると、郵便番号によって参加業者の中から訪問査定が可能な業者が選ばれて、車のデータなどが通知されます。

通知を受けた業者のうち、その車を買い取りたい業者が「情報料」を支払って個人情報などのデータを得、申込者に連絡を入れてくるわけです。

この買取業者が支払う「情報料」が一括査定の運営の財源になっているということですね。

参加業者もこの情報料のコストを無駄にしたくないでしょうから真剣勝負の競争になるという訳です。

利用者本位の、なかなかうまくできたシステムだと思います。

訪問査定を行う買取専門店が、

なかなかガチンコの本気勝負をしているのを見ても、

その「情報料」は決して安いものではないなと推測できます。

まあ、利用者としては情報料がいくらなどと気にする必要は無く、このようなシステムを知った上で、大いに競争してもらえばいいでしょう。


※クルマの話あれこれ
カスタムカー(改造車)を売るには通常の買取店では厳しいかも知れません。
カスタムカー専門店も選択肢に入れたほうがいいでしょう。

このページの先頭へ