車の一括査定で業者からの電話が多いのは喜ぶべきこと

車の一括査定のデメリットとして、

申込み後に次々と業者から電話がかかってくことを挙げる方も居られます。

「相場を知りたいだけだったのに訪問査定をさせてくれという電話が次々にあり困った」といった具合です。

中にはちょっと悪評の多い○リバーのように電話がしつこい場合もあるようです。

車を本当に売る気が無くて一括査定を申し込めば、確かに速攻でかかってくる電話に驚くかもしれませんね。

まだ車を売る予定がなく、とりあえず相場を知っておきたいなどという場合は、一括査定でなく概算相場を調べることのできるサイトなどを利用した方がいいと思います。

また、電話でなくメールでの連絡を選択できる一括査定もありますので、そういう一括査定を利用するのも一方法ですね。

個人情報の電話番号に、全部「0」を入力すればいいという話もあるようですが、やったことがないので結果は保証できません。


電話が多いほど買い取りたい業者が多いということ

でもよく考えてみると、

車を高く売るためにできるだけ多くの業者に競争してもらおうとしているのです。

電話が多い方が競争が多くなって高く売れる可能性が高くなるのですよ。

逆に、一本も電話がかかってこなかったらどうでしょう。

その車を欲しいという業者が全くいないということなのです。

高く売るどころか、引き取ってもらうこともむずかしいということになります。

ですから、申込み後に電話が多くかかってくるということは喜ぶべきことなのです。

一括査定というのは速攻で各社から電話が入るもんだと初めから承知していれば、戸惑うことも無いと思います。

てきぱきと訪問査定の日程をセットし、できるだけ多くの業者に査定してもらい、競争してもらいましょう。


※ちょっとお耳を拝借
事故で大破した車でも部品取りようなどの価値があるんです。
事故車・廃車を買い取る専門店もあります。

このページの先頭へ