名義返答の手続きはそれほど面倒ではない

自動車の名義変更で困ったことはありませんか?

名義変更が正しく行われていないと、売却後にも自動車保険の請求が来るなどのトラブルの原因になりますよ。

ローンの残っている車の売買など、名義変更が行われていないと大変なことになりかねません。

通常、自動車の名義変更は自動車を購入した段階でディーラーがやってくれます。

でも、個人と個人の間の売買で自動車を知り合いから譲り受けたといった場合は、自分で名義変更の手続きをやらなければなりません。

そのような場合、何万円もかけて行政書士に依頼し名義変更を行っている人が多いようです。お金がもったいないですね。

自分でやればそれほどお金はかかりませんよ。

まずは、車検証を自動車の名義人から受け取ります。

次に、管轄の陸運局へ行き、譲渡手続きに必要な書類をもらってきます。

陸運局で譲渡手続きの申し出をすれば、委任状と譲渡証明書をくれます。

この書類に、自分と自動車の名義人、それぞれが必要事項を書き込み、実印を押します。

印鑑は実印でなければならないので、注意しましょう。

そして、面倒でも名義人に印鑑登録証明書をとっておいてもらいます。

次に警察署に行き、車庫証明を取得します。

これは警察官が実際に見にくるため、手続き完了までに数日間を要します。

指定日以降に警察署に出向き、発行された書類やステッカーなどを受け取ってきます。

最後にそろえた書類を陸運局に提出すれば、自動車の名義変更は終わりです。

それほど難しくないのですが、何度も警察署へ行ったり、陸運局へ行ったりなどが面倒だということで行政書士に依頼する人が多いのでしょう。

女性同士の個人売買の場合は、二人連れでコツコツと自分達で手続きを済ませるケースが多いと聞きます。


※ちょっとお耳を拝借
軽自動車の維持費で要注意は自動車保険の保険料です。
高い保険だと経済的な軽のメリットが損なわれてしまいます。

このページの先頭へ